病気(小梅) 2015.07.29 (水)
小梅の気管虚脱のこと・・・
調べれば調べるほど、大変な病気だという事が分かってきた(遅っ)

気管虚脱は、肺への空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれてしまい、呼吸が出来なくなる病気です。
初期は、軽い咳から始まって、喉につっかえるような咳、もどず動作、豚のような呼吸、ガチョウが鳴くような呼吸などと進行していき、末期ではチアノーゼを呈して、呼吸困難になります。
この病気は、難治性疾患として位置づけられ、積極的な治療が行われていないのが現状です。


昨晩、小梅が今までとは違うひどい咳をしだして、もどす動作やガチョウが鳴く様な苦しそうな呼吸をしていました。
治まるまで暫く苦しそうにしてた
気管が潰れてるんだから、それはホントに苦しいんだと思う
その時の対処法・・・
と言っても、もちろん我流

    首の後ろを挟んで、軽く揉んであげる

この方法、たまたま試したらゲーコゲーコが治まった。
そして、同じく気管虚脱のワンコをもつ方のブログで、同じ方法の動画がアップされてた
その方の方法の中にもうひとつ・・・
    
    首の後ろにツボがあるらしく、そこを優しく撫でてあげる

今度試してみます


内科的治療は、気管支拡張剤やステロイド剤の投与になるそうです。
でも結局、薬で気管を広げることは出来ない・・・
現在、ステント法という外科的治療があるけど、この治療もやはりまだまだ問題があって、再発する可能性も高いと。


結構若い時から、この咳をしてたので、どこかで甘く考えてたところがあったと思います

東京の「アトム動物病院」が呼吸器専門の病院だそうで、そこでは上記の呪縛を払拭させる外科的治療を行っているそうです。
「光ファイバー用アクリル」を用いて行う手術。
日本では、他にはないそうです。

東京・・・遠いなぁ・・・ 


難しい話になってしまったけど、まだ手術を前向きに考えてるところまでも、いっていないんです。
どうしてあげるのが一番良いのか、まだまだ思案中。
かといって、進行する病気・・・
慌てずに、でも早めに色々先生と相談しながら、やっていこうと、強く思いました
  
ゲーコゲーコとでる咳?呼吸?
よぉく見ると涙目

小梅 不安 

やっと落ち着いてくれた。
疲れちゃったね

小梅 寝る6 


テスとは、全く違う病気・・・
昨日は、久しぶりにドキドキ慌てた
どんな病気も、甘く見てはいけないよね。(自分では甘く見てるつもりはないんだけど)

Secret