病気(小梅) 2015.06.23 (火)
昨日は、朝から調子が悪かった小梅。
朝ごはんは、一口も食べず・・・
テスは、多少お腹の調子が悪くても、ごはんだけは食べてた

そこは、お嬢様気質の小梅様

もともと食にはムラがあって、今のフード(BIGWOODさんのフードです)にするまでは、ちょっと同じフードが続くと食べなくなったりしてた
だから、カリカリフードのトッピングを工夫したりしてんです(あまり同じものばかり続かない様に)。
そしたら、食べる・・・
だって小梅、お嬢様やしぃ~ てな感じで

でも昨日は、お腹の調子が悪いだけじゃなさそう・・・
ん・・・
トイレシートを見ると、ちまちまとオシッコの跡・・・
いわゆる頻尿の痕跡が。
もしや、またまた膀胱炎


病院行って来ました

病院の待合室にいると、診察室(扉の下の方だけガラスになってます)を覗きに行って、「まだかまだか」と嬉しそうな小梅。
しっぽフリフリ
先生、小梅だよぉ~と言ったり(人にはワンワンとしか聞こえません)
まぁそれはそれは、落ち着きがない。
小梅 病院3
 


小梅 病院1 


小梅 病院2 


そして、待ちに待った「どうぞぉ~」
診察台に乗る小梅・・・

えっ あの勢いは・・・

しっぽ シュウ~ン
ガタガタ震えだす

まぁ~これが、いつもの光景です


やはり、膀胱炎でした。
お薬を飲んで、治しましょう


支払の時、受付に先生の奥様がおられたので、ちゃんと言ってなかったテスへのお花の御礼を言いました。
そしたら、目に涙をうるうると浮かべながら 「いえいえそんな・・・」と、言葉がつまって、私までうるうるともらい泣き
「テスちゃん、可愛かったですもんね」
「また小梅ちゃんの散髪、させて頂きます」
なんて言って下さって、また嬉しい気持ちでいっぱいになりました
奥様、ありがとうございます



帰ってからは、お父しゃんもお母しゃんも居るし、もう安心ってな感じで、ご飯は完食。
病院での緊張と満腹が重なって、早々にオネムモードでした。

小梅 150622a - コピー 


小梅 150622b - コピー 


小梅 150622c - コピー 


小梅 150622 - コピー 



Secret