FC2ブログ
病気(小梅) 2019.08.19 (月)
17日(土)に小梅、退院致しました。

皆さんから、ブログやインスタグラム等で沢山の応援・元気玉を頂き、難しいとされてた手術も理想の形で行う事ができ、元気に退院して参りました 

本当にありがとうございました 


DSC_5622.jpg


備忘録として記しておきたいと思います。(スルーしちゃって下さいませ)

【8月14日(水)】

朝から食事等をぬいて、11時前に病院へ
昼から、「ひまわり動物病院」の先生と、担当医と二人体制で手術をして貰う事に。。。
ひまわり動物病院の先生は初めてですが、こういう手術に長けてる方との事。
担当医とも相性が良いらしく、一緒に手術をしやすい先生だそうです。

14時40分 手術成功&無事に終了の連絡

本来は、1~2日入院で帰宅出来るらしいが、16日(金)は夫婦共々仕事の為、土曜日まで入院する事にしました。

麻酔から覚めて、とても元気にしてるとの事。
直ぐにでも、食事を出来る勢い。

【8月15日(木)】

午後8時前 本日の様子を聞くため電話

とても元気にしている。
食事も残す事なく、しっかり摂っている。


【8月17日(土)】

午前9時 開院時刻と共に来院

院内をウロウロ。すっかりこの病院の子になってた・・・

旦那が小梅を迎える。
「小梅っ おいでっ!!」・・・・・がっ
両手を広げて待ち構える旦那の横を平然とスルーして、病院で飼ってる猫の元へ。。。
旦那・・固まる・・・ 

そう。 いつもの小梅よっ

勝手に入院させて、3日も放っておいて、「さぁおいで」って言われても行ってやるもんでしゅかっ 
・・・と聞こえてきました 



病状ですが・・・

左腹部腫瘤は、卵巣だったそうです。
5センチ×3センチ 重さは100グラムほどあったそうです。
2キロの体に100グラム。
人間だと3キロほどの物体がお腹にあった・・・って事だよね 

そして、子宮水腫。
もしかしたら、この卵巣の腫瘤の影響かもしれないと。

卵巣と子宮の摘出となりました。

ただ心臓が悪い為、何度となく麻酔の影響で危険な状態になったらしい。
今回の手術はやって良かった手術だが、これからこういう事があった場合、かなり慎重にならなければいけないと言われた。

卵巣の腫瘤は、病理検査に出していて結果待ちです。

今は、少し下痢気味・・・
それ以外は、いつもの小梅 

少し食いついが悪かった食事も、バクバク食べてます 

そして・・・・
くるみに対しての、理不尽な吠えつきも健在 



背中から出てる毛が、ティッシュに見えてしようがないと言う旦那

DSC_5630.jpg


手術前にトリミングに行っておくべきだったと思う位の
ボサボサ加減・・・・


DSC_5632.jpg

家の前の公園に散歩に行ったよ 

PhotoGrid_1566173080795.jpg


想像してたより、元気に戻ってきた小梅です。

まだ腫瘤の結果が出てないので、手放しには喜べないけれど、早くも何時もの小梅に戻りつつあります。
動物って強いなってつくづく思う瞬間です 

年相応に悪い所がチラホラ出てきてますが、それは私たちニンゲンも同じ・・・
気負い過ぎず、知らんぷりし過ぎず、見守って行こうと改めて思っています。


報告を兼ねて・・・
今一度、ありがとうございました 



Secret