FC2ブログ
病気(くるみ) 2017.09.04 (月)
昨日、門脈シャントの術後検査の為、関西動物ハートセンターへ行って来ました

手術してから、5ヶ月弱。。。
術後直ぐは、薬の加減で、お腹がゆるゆるになって、大変な思いをしたけど、
今は、手術をしたのを忘れてしまう位、元気に走り廻っています

だから、術後の数値もきっと良いはず・・・
って勝手に決めてました。

待合室では、うなだれたくるみん獣
落ち着きなく、ハァハァしてました。

zLhWfJSR36CcqCK1504507429_1504507554[1]


16時に予約。
検査前に、、、どういう検査をするか、何か気になることはないか等々・・・
いつもの様にじっくり話を聞いて下さりました。

・門脈シャントのその後(アンモニア値、胆汁酸の数値)

・心臓に雑音があると言われた件

大きくその2点が気になる旨を伝え、診療室に入って行きました。


結果・・・・

門脈シャントに関しては完治

のお言葉を頂きました

アンモニア値  手術前 203 ⇒ 術後 37 (基準値 16-75)

胆汁酸に関しては、検査機関へ依頼するので、少し時間が掛かるらしいのですが、多分大丈夫でしょうとの事。
エコーも撮って貰い、肝臓を見たら少し大きくなってました。
(以前は、門脈シャントのせいで小さかった)

そして、心臓の雑音もなし

ただ・・・

何故か ALT(GPT)の値が高かったんです。

基準値 17-28 のところ 147

先生曰く、門脈シャントは治ってるので、違う要因があるはず。。。
色々教えて頂き、例えば

・ジャーキーをよく食べる(ウチは与えていない)
・最近、何か観葉植物を食べた(食べていない)
・ドッグフードが合わない

ドッグフードに含まれる添加物、よくない脂分により肝臓に負担をかけてる場合もある。
もしくは、添加物が含まれていないナチュラルドッグフードであっても、合っていない場合もあるとの事。

一度、今与えてるフードを変えてみて、様子を見てみてはどうか・・・
と言われました。

今与えてるのは 「モグワンドッグフード」
「カナガン」の会社が手作りをモットーに作っているフード。
決して悪いものではないはず・・・

でも合う合わないはある。。。

あぁ~またフードジプシーの始まりやぁ~
療法食に変える必要はまだないとも言われました。


ALT(GPT)について、全く無知な私。
先生に言われた通り、フードを変えてみて、定期的に血液検査
やりましょう


小梅は、この病院に来る時はいつも「付き添い犬」
だから、ぜぇんぜん怖くないもん

vqz3PQA1WDneGtR1504507582_1504507625[1] 

くるみの検査の間、本気寝してました

ftMHJYFKvFLJUj_1504507646_1504507693[1] 

まだまだ勉強やぁ~

でも、お母しゃん頑張るネ



【 お ま け 】

病院の帰り、お父しゃんがちょっと買い物へ。
ずっと、この体勢で待ってましたよ

やっぱり・・・デカい・・・ネ

Y2TzXgyzw1Zh8pZ1504507716_1504507772[1]




Secret