日々ワンコ 2017.09.26 (火)
くるみが我が家に来て、来月で1年になります

2ワンは、とっても仲良し・・・ではないけれど、ここ1~2ヶ月程前から、小梅が「遊ぼう攻撃」を仕掛ける頻度が増えたんです。


お尻を上げて、ニャンニャン(・・・と聞こえる)と可愛く啼いて、誘う

Vh0_GzMGfJzg7BM1506404945_1506405118[1] 

多頭飼いをされてる方は分かると思いますが、結構激しい

その時々によって、小梅が自ら寝転がったり。。。

2sucEIs8ItB3iU21506405541_1506405643[1] 
皮膚の伸びる柔らかい部分を、甘噛みします。 

_urkyE19ltsGzGm1506405432_1506405505[1] 
結構、楽しんでるんよね・・・

おかん、取り残された感満載なんやけど。。。。

hJ0p1VGvMTzSuzy1506405710_1506405906[1] 

大抵くるみが、小梅の高さに合わせて寝転びます

XFnl2YKkSaWVw5m1506405147_1506405260[1] 

kHRQf_9KlYIt2al1506406343_1506406536[1] 

くるみの足の方が長いので、小梅がやられてる様に見えるけど、
本気で小梅が怒ると、くるみは飛び起きて逃げます

XtSx57Pqkhqp9Wj1506406560_1506406695[1] 

毎日 激しく 楽しくやり合ってる2ワンですが、やっぱり10歳と1歳
くるみん獣の攻撃が、うっとうしくなると、私の所へ来て抱っこをせがむ小梅

「そうよね。1歳児相手には体力がもたへんよね。。。」
「私を頼って逃げて来たのね。フッフッフ」 

なんて思ってたら・・・・
私を盾にして(高さもあるし)、再びガウガウ開始
それで来たんかぁぁぁい!

約1年、毎日毎日これ・・・やってます
でも、最近はちょっとホンマに楽しそうにやり合ってる



バトルも一旦落ち着いたので、
「並んでるところの写真を撮るから、ちょっとモデルやって
「おすわり


さっきまで、くっついて遊んでたやんっ
なんで、離れる・・・・?

_YVyU57DKnYJfSG1506405287_1506405369[1] 


日々ワンコ 2017.09.15 (金)
色んなものを咥えて持って行って、私や旦那に「返しなさい」なんて言われるのを
楽しんでる、くるみん獣

自分の物にしようという気持ちよりも、構って貰ってる気持ちの方が大きいので、
直ぐに返してくれる

半分本気で叱れば、ポイッと私の前に落としてくれたりも。。。
それでも、通勤前の忙しい時なんて、ちょっと面倒くさい
まぁ~それで喜んでるのであれば、返却も早いし大目にみてるんだけどネ



先日、こぉんな光景が・・・

今は使用していない「お散歩バッグ」 
以前入れてた「オヤツ」の欠片でも入ってるのか、
どこからか持ってきて、しつこく嗅ぎまわってました。

bRAcJkEB3BOKwNS1505458080_1505458981[1] 

DZsNxfk0zEj5CeK1505459011_1505459323[1] 

気を引く為、私の目の前で 、カジカジかじかじ・・・
「ほぉれ!叱ってちょーでつ」

gxNRukf91v8lkYt1505460153_1505460218[1] 

JnQGZFSGF_BhN0w1505459997_1505460079[1]

その頃、小梅は・・・

48kF45a5_t7OMuh1505459636_1505459828[1] 

pxpmri7zQHOS8Yz1505459861_1505459963[1] 

小梅の行動に気付いた模様。

S8xkzdaPYw8g91d1505460247_1505460301[1] 

PjUJX2mYDLd3BxQ1505460463_1505460523[1] 

ただただ、小梅を見つめるくるみん獣

CzX2r3Df5kPqzEt1505460550_1505460710[1] 

そうです
小梅のプロフィールの中に入れないといけない文言 「しつこい」。
自分が納得するまで、決して諦めないという、かなり面倒なワンコです


そんなところ、マネしなくていいからネ

いつも あっさりスッキリ のくるみん獣で居てね


病気(くるみ) 2017.09.04 (月)
昨日、門脈シャントの術後検査の為、関西動物ハートセンターへ行って来ました

手術してから、5ヶ月弱。。。
術後直ぐは、薬の加減で、お腹がゆるゆるになって、大変な思いをしたけど、
今は、手術をしたのを忘れてしまう位、元気に走り廻っています

だから、術後の数値もきっと良いはず・・・
って勝手に決めてました。

待合室では、うなだれたくるみん獣
落ち着きなく、ハァハァしてました。

zLhWfJSR36CcqCK1504507429_1504507554[1]


16時に予約。
検査前に、、、どういう検査をするか、何か気になることはないか等々・・・
いつもの様にじっくり話を聞いて下さりました。

・門脈シャントのその後(アンモニア値、胆汁酸の数値)

・心臓に雑音があると言われた件

大きくその2点が気になる旨を伝え、診療室に入って行きました。


結果・・・・

門脈シャントに関しては完治

のお言葉を頂きました

アンモニア値  手術前 203 ⇒ 術後 37 (基準値 16-75)

胆汁酸に関しては、検査機関へ依頼するので、少し時間が掛かるらしいのですが、多分大丈夫でしょうとの事。
エコーも撮って貰い、肝臓を見たら少し大きくなってました。
(以前は、門脈シャントのせいで小さかった)

そして、心臓の雑音もなし

ただ・・・

何故か ALT(GPT)の値が高かったんです。

基準値 17-28 のところ 147

先生曰く、門脈シャントは治ってるので、違う要因があるはず。。。
色々教えて頂き、例えば

・ジャーキーをよく食べる(ウチは与えていない)
・最近、何か観葉植物を食べた(食べていない)
・ドッグフードが合わない

ドッグフードに含まれる添加物、よくない脂分により肝臓に負担をかけてる場合もある。
もしくは、添加物が含まれていないナチュラルドッグフードであっても、合っていない場合もあるとの事。

一度、今与えてるフードを変えてみて、様子を見てみてはどうか・・・
と言われました。

今与えてるのは 「モグワンドッグフード」
「カナガン」の会社が手作りをモットーに作っているフード。
決して悪いものではないはず・・・

でも合う合わないはある。。。

あぁ~またフードジプシーの始まりやぁ~
療法食に変える必要はまだないとも言われました。


ALT(GPT)について、全く無知な私。
先生に言われた通り、フードを変えてみて、定期的に血液検査
やりましょう


小梅は、この病院に来る時はいつも「付き添い犬」
だから、ぜぇんぜん怖くないもん

vqz3PQA1WDneGtR1504507582_1504507625[1] 

くるみの検査の間、本気寝してました

ftMHJYFKvFLJUj_1504507646_1504507693[1] 

まだまだ勉強やぁ~

でも、お母しゃん頑張るネ



【 お ま け 】

病院の帰り、お父しゃんがちょっと買い物へ。
ずっと、この体勢で待ってましたよ

やっぱり・・・デカい・・・ネ

Y2TzXgyzw1Zh8pZ1504507716_1504507772[1]