病気(テス) 2015.04.30 (木)

ここ2~3日のテス・・・
調子悪いね

・・・と言うか、先月から約1ヶ月、薬を増やしてから調子が良かった
だから、少し気持ちの中で油断してたのかも

咳がちょくちょく出るのと、呼吸数が増えて、見た目もかなりしんどそう
チッコを外でしかしないので、連れ出すけど、殆ど歩かず・・・

そして、又、体が左へ
今回はすぐに治ったけど、その後、頻繁に前足や後ろ足で顔や目の辺りをゴシゴシ。
痛いのかな・・・

とにかく、先生に電話だぁ~
今日は木曜日。病院お休みだわぁ~

今日は仕事も早めに切り上げて、帰らせて貰います

そうそう
帰宅時、とっても喜んでくれるのは嬉しいんだけど、興奮しすぎて、ゲボゲボと咳が出ちゃう
先生曰く・・・いかに早くその興奮を抑えるか・・・だそうですが、他の方達はどうされてるのだろうか・・・
私はとりあえず、ただいまのチュッチュをした後は、無視してトイレシートを替えたりしてます。
でもストーカーの如く付いてきて、ワンワン言ってます
そして、ゲボゲボ・・・

今日も帰ったら、ゲボゲボが待っている・・・

テス ベッド3

しつこく、を向けると・・・

テス しんどい2


 やっぱり、しんどそうだね・・・ごめん

テス しんどい1  

病気(小梅) 2015.04.27 (月)
25日(土)、今度は小梅のトリミングに行ってきました
・・・サマーカットのつもりだったのに、少し長かったです

今までは、テスと一緒にトリミングを受けて、同じケージに入れてもらって、母ちゃんたちのお迎えを待ってたんですが、ここ2回とも、小梅ひとりぼっち
テスが居ないと全くダメダメの小梅・・・
今回も、ひとりでお迎えを待っている間、「ハァハァ」と言いすぎて、舌の裏を歯で引っ掛けたか、軽く噛んじゃったみたい
前回は、少し口から泡を吹いちゃったみたいです・・・直ぐに治ったみたいだけど。
まだ美容券が残ってるけど、もう次回からは無理かも・・・と考えてます。

でも、家に連れて帰ってきたら、何事もなかったかの様に元気
そして、日向ぼっこ。
小梅 カット後

26日(日)・・・

天気が良かったから、公園に遊びに連れ出したけど、やたらとオシッコをする小梅
家に帰っても、頻尿、頻尿・・・
そして、血尿・・・血尿ぉ~
これって、膀胱炎ちゃうん

早速、かかりつけ医の所へ。
オシッコが取れなかったから、確実ではないけど、「膀胱炎でしょう」との事。
お薬を貰いました。

・・・がっ
テスと違って、食べ物に敏感な小梅
お薬(粉薬)も苦いらしく、まずご飯に混ぜたけど、半分ほどイヤイヤ食べて後は残す・・・
今朝は、溶かして飲ませようとしたけど、ダメ
しようがなく、無理やりスポイトでお口にいれたけど、逃げる逃げる・・・ごめんよぉ~
半分ほど、飲ませる事が出来たけど、あとはあきらめました

何か良い方法はありますでしょうかぁ~

普段はちゃんとシートでするのに、昨日は相当気持ち悪かったらしく、絨毯の上やら毛布の上やら、あらゆる所でしてくれました・・・

なので、今朝、出掛けるときは色んな所に「トイレシート」を敷いてきました
どこでしても、ええでぇ~

トイレシート

テス トイレシート1 

日々ワンコ 2015.04.20 (月)
確か、前回美容に行ったのが、去年の11月

今までは1~2ヶ月毎に、シャンプー&カットをお願いしていたテス
調子が良い時もあったけど、なかなかタイミングが合わず、やっと18日(日)に行って来ました

病気になってから、もしもの事を考えて、いつもお願いしていた美容院は止めて、子犬の頃からの
かかりつけ医の奥様がトリマーの資格をお持ちなので、無理を言ってお願いすることになりました。
とても勉強熱心で、Mシュナのカット集まで購入されて、いつも可愛くして頂いて、感謝感謝です

・・・で、改めて分かったこと。
テスちゃん、足長かったのね

ただ、飼い主である私たち夫婦がブラッシング等を怠っていたので、毛玉が凄かったらしく、
トレードマークのクルクルしっぽが、バリカンでつんつんしっぽになってました
母ちゃんが悪いのよぉ~
これからは、マメにプラッシングするね・・・


スマートになったテスです

テス カット後1 

もちろん、サマーカットです
眉毛カットでおめめがはっきり出て来ました

テス カット後2 


話が変わりますが、ブログのお友達のマルチーズのまるちゃん・・・
テスと同じ病気で一緒に頑張っていますが、新たに脳腫瘍の疑いが出てきた様です
ブログを拝見して、胸が締め付けられる思いがしました。

ケロ姉さんの心中、ホントにお察しします。
でも、治療法が無いのではないはず
絶対にまるちゃんは、元気になると私は信じています

まるちゃん・ケロ姉さん、頑張れ

何も出来ないけど、いつも応援してます。

小梅のこと 2015.04.16 (木)
ついつい病気のテスにばかり気をかけていると、小梅はあらゆる手段で、気を引こうと頑張ります

微妙に開いたトイレのドアから、トイレスリッパを取ってきて、母ちゃんの目の前で落としたり
(取り上げようとすると、必死で取られまいと頑張ります。)

小梅 スリッパ

ボストンバッグのファスナーが開いてたら、何かないか顔を突っ込んだり

小梅 かばん覗く 

お気に入りの「いちごまん」をわざわざ人の前に持ってきて、ちゅぱちゅぱしたり
(移動しても、ちゃんと付いてきて前で落として、ちゅぱちゅぱします。)

小梅 いちごまん1 

「ダメだよ」って注意したら、一応、猿の如く反省のポーズ
(でも、何か顔は全く反省してない感じ・・・)

小梅 アップ 

そして頑張り過ぎて、疲れて寝てしまいます

小梅 白目 

こんな小梅・・・とっても可愛い(親ばかです)


病気(テス) 2015.04.13 (月)
薬を増やしてから約1ヶ月・・・
咳も殆ど出ず、まぁまぁ調子が良かったテスです。

がっ!
9日(木)の夜の散歩時、左へ左へ体がフラフラと行っちゃう
とうとうペシャっと座り込んでしまった
慌てて、抱っこして家に帰ったけど、暫くしたら元のテスに戻ってた。
と言っても、これを境に息が荒くなってしまった

何回目かの発作の時、救急病院へ連れて行って落ち着いて来た頃、左の足がもたもたして
変な時もあった

先ほど、ハートセンターの先生に電話して聞いたら、
「前庭障害か、脳に何らかの障害があるのかも」との事。
でも、それを突き止めるには、CTかMRIしかないと・・・
「全身麻酔になるので、とても危険だからそれは出来ないから、突き止める事はできません」と言われました。
あまり続く様なら、ステロイド剤を飲む等の対処療法で様子を見るしかないと。

「どちらにしても、爆弾を抱えてるのには違いありません」と恐ろしい事を言われました。

以前、心臓病が分かる前に一度MRIを撮ろうとした事があったんですが、心臓が止まってしまって中止になりました。
その時の先生が書籍『動物病院名医100人』(そんな名前でした)に載る程の先生だったのですが、その方に
「小脳がない」と言われたんです
位置決めで撮ったMRI画像で不鮮明だけど、小脳の所が無いと・・・
そ・・・そんな事あるんですかぁ~
確かに、運動神経は悪いと思いますが・・・
その話を思い出しちゃいました。

やっぱり心臓だけじゃなかったんですね

かなりショックですが、今朝の散歩の後、息が荒いくせに自分のベッドを引っ張り出して、遊んでいました

母ちゃん・父ちゃん、頑張るよ

テス ベッド1


テス ベッド2 

小梅情報
毎日の心拍数チェックの時、必ずテスの間に割り込んできます。
今日も変わらず、割り込み中


テス&小梅 聴診器待ち



病気(テス) 2015.04.03 (金)
うちのテスは心臓病・・・
正式な病名は

 「洞不全症候群typeⅡ(洞停止なし洞房ブロック)」

 「慢性変性性房室弁疾患
     僧帽弁逆流 ⇒ 重度
     三尖弁逆流 ⇒ 軽度
     大動脈弁逆流 ⇒ 軽微 」

です。

洞不全症候群の治療として、ペースメーカーを埋め込んでいます
なので、心拍の間隔が空くと、ペースメーカーが補ってくれます。
ですが、ペースメーカーを入れたからと言って、正しい心拍を打ってくれる・・・というものではないです
あくまで、間隔が空いた時・・・例えばペースメーカーを「心拍数70」で設定したら、それを下回る時に助けてくれます。

で、以前書きましたが、
私は毎日?聴診器でテスの心拍数を計っていますが、それが毎回ドキドキしながらやってるんです
弁の逆流があるので、雑音は勿論ありますが、心音が恐ろしい位にバラバラなんです
ドックンドックン・・・ドクドクドクドク・・・ド・・・ックンドクッドックン

てな感じです
たった30秒(うちは30秒計って、倍にしてます)ですが、何度も聴診器を耳から外しました

たまに小梅の心拍数も計りますが、これが本当に綺麗な音で、本来はこうなんだ・・・と

でも・・・
心臓の音・・・怖いけど、テスのため、ちゃんと聞くよ


テス&小梅 ぴったり 


 
日々ワンコ 2015.04.02 (木)
最近ずっと調子が悪かったテス
以前にも書いたけど、シャンプーもカットもご無沙汰
結構なぼさぼさ加減なんですが、一日一日ぼさぼさ感が増してる様な・・・

ほんの数日前のテス(キッチンにて)

テス 台所 

そして、本日
おとうしゃんがシャワーを浴びてるので、前で待機中。

ぼさテス1 

そこで、再認識

Mシュナって、顔が小さめで、何かカッコいい・・・はず
顔、大きいよね・・・しかも身体が小さいから、やっぱり三頭身
写真って正直

なんて風呂場の前で、パシャパシャしてたら唸り声が・・・

玄関で、おやつ入りのお散歩バックを発見した小梅

欲しい欲しい攻撃の始まり。

小梅 狙い2

「あきらめる」と言う言葉を知らずに育った7歳。

小梅 狙い1